FC2ブログ


Recent entries
2015/06/21 (Sun)
2014/02/03 (Mon) WWAC 2013.09.08-2013.09.09
2014/02/02 (Sun) Varadero,Cuba
2014/02/01 (Sat) WWAC 2013.09.04-2013.09.07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オランダ三日目。

この日は、初めてアムステルダムへ。
このアムステルダムもやはり美術館が目的。

この旅のテーマ自体がアートを求めての旅に近いので、ヨーロッパはある意味ハイライト。
ほぼ美術館回りでありますw

そして、一番はゴッホ美術館。
これはまた並ぶ事。



チケット持っていても並んでるんだから、すごいもんですわ。
この列にベルリンから乗せてくれた、アルゼンチンの兄弟もいて嬉しい再会。

散々並んでやっと入場。
ここは、流石一人のアーティストをテーマにした美術館だけに、初期から後期死ぬ直前の作品まで順を追って紹介されており、とても面白い構成になっている。

絵を見ているんですが、映画を見ている気分になるような、展示で最後ゴッホの死ぬ直前の作品がとても印象に残ったのをよく覚えています。

そしてここはゴッホばかりではなく、その時代時代に影響を受けたり友人だった画家の作品などもあり、とても興味深い。

ゴッホは印象派の画家だが、悲しい小説の様な人生でとても人間的なところが、人気の秘訣でもあるのだろうと思った。

この日は、正直これで満足だったがこのまま現代美術館も梯子。



ここは、絵は勿論インスタレーションや家具や食器などデザイン作品みたいなのもあり結構面白い美術館である。

まず外観から面白いしね。

そして、町歩き。

たいして美術館以外は調べていなかったが、アムステルダムの街は美しい。



この運河と古い街のコントラストはヴェニスとはまた違い美しいのだ。



また、いちいちショップやギャラリーも面白い。
この街で初めて、村上隆と奈良美智の作品を見た。

そんなハイセンスな街アムステルダムの街歩きは知識が無くとも面白い。






唯一レッドライトは知っていたので覗きにいったら、またこれが面白い雰囲気で不思議だった。

この国はマリファナ合法でも有名だが、売春も合法。
このレッドライト地区は、自販機の様に並んだガラス窓に女性が居る通りがある。
それぞれその窓に赤い蛍光灯が付いており、それがどうも営業中の印っぽい。

観光客もいっぱいいて、気負いなく行けるので一見の価値はある。

この日はここまででクタクタ。
電車で帰った。

家があるっていいですね。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 サイケデリック平和党 Psychedelic Peaceful Party, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。