FC2ブログ


Recent entries
2015/06/21 (Sun)
2014/02/03 (Mon) WWAC 2013.09.08-2013.09.09
2014/02/02 (Sun) Varadero,Cuba
2014/02/01 (Sat) WWAC 2013.09.04-2013.09.07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この日ウッカリ長居したプラハを出てバスにてベルリンへ向かった。



ベルリンはこの時期ハイシーズンど真ん中。
安い宿は満室でキッチン付きのほどほどを探すと若干郊外になった。
この時僕等はかなり疲れていたので、五日間一気に予約を取った。

Sandino hostel 12人ドミトリー
一人13ユーロ。

これが大当たり。
ドイツ人しか居なくて静か。
場所もローカルしか居ないようなロケーション。
ホステルのスタッフもメチャクチャフレンドリーで凄い親切。
銀歯が外れたので週末のホリデーでもやってる歯医者を必死で探してくれた。

まあ兎に角この日は何もせず、ユックリしてしまった。
スーパーに買い物に行き、ソーセージの多さとビールの種類の多さにビックリ。
この日は差し入れで貰った蕎麦を食べて日本食満喫。

いや実際ほとんどボーッとしていたベルリンだった気がするw


ベルリン二日目。

Hamburger Bahnhof - Museum
ハンブルグ現代美術館へ

美術館の最寄りの駅で早くも近代的なデザインの駅にビックリ。



歩いてすぐ近くなの楽でいい、この美術館。




昔は駅だったようですが、コレクターの人が駅舎の閉鎖を聞いてそのまま美術館にしたらしいです。

流石はドイツ、ベルリンといったコレクションで中々面白い。
そして最近いつも思うのが、ヨーロッパの美術館は写真が可能な所が以外と多く、アジア人がやたらと写真を撮っているから面白い。





アンディーウォーホールは定番になってきた。



他にも沢山エキシビションがあって、結構楽しく回れた。

ここの後は近くに残るベルリンの壁を見に行った。





正直思ったより小さく、イスラエルの方がよっぽど厳つい壁を作っていた気がする。
そして、この街で始めて壁の役目など当時の事を勉強したんですがw
この壁は孤立した西ドイツ領のベルリンへの嫌がらせと更なる孤立を目的としたんだと思っていたら大間違い。

実際は西に亡命する人が多く、西側へ流出する労働者の防止の為に東ドイツ側が東ドイツの人に対して作ったらしい。
勿論東西が合併して、みな喜んだ。
しかしながらまだ、西と東の経済格差などから壁を戻したいと思っている人も結構いるらしい。

共産主義の方が平等ですからね。
面白い事実だと思う。

そして、皆のくつろぎっぷり。

ベルリンという街は大都会なのに、緑が非常に多い事に感動すら覚える。

人口の自然ではなく、本当に昔から上手く自然を混ぜて都市を作ってるなーって感じ。

ヨーロッパは日本には無い感覚で、自然とうまく暮らしている気がします。

つい座ってしまう自然が沢山ある。


ベルリン三日目。

この日は街のど真ん中へ行き、ミッテ地区を歩く。



この門 ブランデンブルグの門。
ここも壁があった頃に封鎖されていたが、東西が合併し再び開通したので、平和の象徴的な建物になっているらしい。

つい見えてきた門の向こうの公園に、吸い込まれ一休み。





かなり大きな公園で、街のど真ん中にこんな公園のあるベルリン!
なんだかんだ、ドイツって凄い良い国っぽいなーと。
全体的に過ごしやすそう。



ふとトンデモなくモダンな建物があり
、時には街の真ん中のビルの屋上からバンジーを飛ぶ人がいたり。



面白い街だ。

この日は思わず三本ビールを買ってしまった。



種類があり過ぎて選べないが安く100円くらいなので、こんな贅沢が可能です。

兎に角このビールコーナーだけでもドイツ来て楽しいと思えるのであります。


ちなみにこの日、ダリのミュージアムも行きましたが相当のダリマニアなら面白いけど、余りお勧めできないw

この日まで、三日間本当にユックーり時間が過ぎた不思議なフワッとしたドイツ滞在になった。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 サイケデリック平和党 Psychedelic Peaceful Party, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。