FC2ブログ


Recent entries
2015/06/21 (Sun)
2014/02/03 (Mon) WWAC 2013.09.08-2013.09.09
2014/02/02 (Sun) Varadero,Cuba
2014/02/01 (Sat) WWAC 2013.09.04-2013.09.07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この日は、スロベニアCesta最終日。

急遽決めたヴェネツィア行きの日。

全くもって観光せずに二週間ちょい働いて過ごしたスロベニアだったが、観光以上の満足感を味わえて本当にいい経験になった。

この日は出発前に最後の歯医者。

これもマヤが予約してくれて連れて行ってくれたので、本当に最後までお世話になりっ放しだった。

最後にアランとマヤが、お土産がわりにスロヴェニアのワインのTeranをくれた上に、メッセージ入りのカードと手作りチョコまで渡してくれた。

本当にいいホストに出会えました。



また十年後でも、家を見に来るよと約束しバスで二週間以上居たCestaを離れ、国境の街Nova Gorizaへ。



そしてバスを乗り換えてイタリア側のGorizaの駅へ。



この国境ほど適当な国境は初めてw
国境が在るだけで、誰も居ないしパスポートも見せない。

門を過ぎるだけと言った印象。



これでよくシェンゲン協定を管理できるもんだわw

しかし、流石は国境。
やはり街は雰囲気が変わります。
何というか、やっぱりイタリア側の方がお洒落な印象です。



電車はセカンドクラスでも十分快適で、一回の乗り継ぎもスムーズに出来て無事ヴェネツィアのメストレに着いた。



このメストレは、実際のヴェネツィアの約五キロ手前の陸上の街。

ヴェネツィアには全く安宿を発見出来なかったため、こちら側に宿を取った。
安宿とは言っても、天下のイタリア、ヴェネツィアのメストレですから一人22ユーロは取られる。

そして、この日最大の衝撃は夕食だった。

このイタリアに来た最大の目的は、なんと言ってもパスタ!

昔読んだ、沢木耕太郎の深夜特急でイタリアのパスタの旨さが格別と読んだのを覚えていてずっと確かめたかったのだ。
大体国境の街ですら、フランスに入った途端パスタが不味くなると言うから相当だろうと期待していた。

スロベニアのイタリア国境近くに住むアランですら、イタリア人のパスタは違うと言っていたので、期待は高まり過ぎていた。

この日入ったレストランは、駅から少し離れて、そう高級でもなく普通のレストラン。

まあ、「普通だな~やっぱパスタはパスタだな~」って言うと思って一応パスタとピザ注文。



イヤー違いますよ!!!
このパスタ違います!

何がとは言えませんが、今までのパスタと違うんですよ!

パスタの茹で加減やソースとの絡まり具合、色々完璧なんです。

いままで、中国のラーメン、ベトナムのフォー、タイの屋台、インドのカレー、ウガンダのパイナップル、トルコのトルコピザと食の有名な国は一発目から衝撃的な食の出会いが在りましたが、ここイタリアもその一つと成りました。

もしパスタ好きなら、ぜひ本場の衝撃を味わって欲しいもんです。

残りの三食パスタ食い倒すぞ!w

この日は、やたら中国人の多いこの街を違和感無く半分中国と思いながら、最後はバングラデシュ人の店でインドスカーフを値切って買って、更に隣のまたまたバングラデシュ人の八百屋でリンゴを買って終了したw

明日はいよいよ、ヴェネツィア!
ユックリ雰囲気を楽しもう!
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 サイケデリック平和党 Psychedelic Peaceful Party, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。